しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

<   2009年 11月 ( 7 )   > この月の画像一覧

11月27日(年長 多峯主山へ園外保育)

今日は多峯主山へ遠足へ行ってきました。天候不順で延期になっていた分、とても楽しみにしていたようで、登るときは、もうルンルンで山道を走ってみたりと大はしゃぎでした。

山頂まで結構距離はありますが、「全然疲れていない!!」と頑張っていました。

頂上に着くとすぐに昼食でしたが、景色を見ながら食べることができ、良かったです。
頂上は少し寒く、山の上は気温が低いということも少しわかったようです。

帰り道は歌を歌ったり、もみじがきれいな所をゆっくり降りてじっくり見たり、拾ったりして帰ってくることができました。

「人にあったら挨拶をしましょう!」と行く前に声を掛けると、自ら先に挨拶をしていて、「元気がいいね!」と声を掛けていただき、嬉しかったとともに、とても良い挨拶ができていて気持ちが良かったです。
[PR]
by keiteki-siratori | 2009-11-27 19:57 | 白鳥農園・園外保育

11月20日(総合訓練)

今日は幼稚園・保育園で総合訓練が行われました。

稲荷分署から消防署員の方達の監督の下、火災を想定した避難訓練が行われました。

「お・か・し・も」・・・「押さない・かけない・しゃべらない・戻らない」のお約束も守れて、素早く非難ができました。
避難したと思っていたら、トイレの中に子ども達が残っていたということもまれにあるようで、子ども達が避難した後に職員がもう一度、各部屋のトイレを見回っていたことにも評価を頂きました。

園の職員による消火器を使った消火訓練や、大きな消防車からの放水訓練を見て子ども達は「おお!」と歓声を上げていました。

ひと通り訓練が終わった後、消防車の周りに集まって、子ども達が盛んに隊員の人達に質問をしていました。

中には「消防士の仕事は楽しいですか」という鋭い質問(本人は無邪気かもしれませんが)もあり、隊員の人は、しばし考えて、「う~ん。楽しいかと聞かれると難しいね。消防士がたくさん仕事をすることは良いこととは言えないからね(人が不幸になる火事や地震など災害が多いということだと思います)。でも、人の役に立つ素晴らしい仕事だと思います」と答えていました。

この言葉を聞いてなんだか嬉しくなりました。消防の仕事は地域の人々の安全を守るために影になって、しかもたくさん活躍することが必ずしも良い事とは言えない仕事。d0091723_1032841.jpg

でも、仕事の内容は違うかもしれませんが、「人の役に立つ」という目的を持って仕事をしているということは、私達、幼稚園の職員と同じ事だと思ったのです。

隊員の人達が急に眩しく見えたのでした。

(写真は隊員の人に質問する年中さん。「ハイッ」とまっすぐに手を挙げる習慣が身についていますね)
[PR]
by keiteki-siratori | 2009-11-20 18:08 | 園行事

11月19日(年少 すいとん作り)

今日は、すいとん作りをしました。

はじめに小麦の穂を見せ、粒の中の粉を出して観察しました。

「白い粉がある、すごい!」と関心を持ち、お米とは違うことを知り、驚いていました。小麦粉を水に入れ、こねていく様子も良く見ていて、私の手についた小麦粉を見て、「怪物の手みたい」と盛り上がっていました。

一人ずつ分け、すいとんの大きさにこねてもらうと、「粘土みたいで面白い」と集中して取り組んでいました。d0091723_21204383.jpg

また、すいとんの中に入れる白鳥農園で採れたネギや大根の観察もしました。

ネギの匂いをかぎ、「いい匂い」という子もいて面白いなと思いました。
よく観察し、楽しんですいとん作りをしました。

試食では喜んで食べ、驚くほどたくさんおかわりをしていました。
良い体験ができ、子ども達も本当に嬉しそうでした。

ありがとうございました。

(写真はすいとんを試食する年少さん。今日は寒かったので、温かいすいとんを食べて、「あったかい、もちもちしておいしい!」と大喜びでした。
[PR]
by keiteki-siratori | 2009-11-19 21:23 | 白鳥農園・園外保育

11月17日(年長 すいとん作り)

d0091723_2048162.jpg今日はすいとん作りを行いました。

小麦粉がどのように出来ていくかなど観察も体験も2回目以上ですので、この時期には何をしたかなど質問にして聞いてみました。

覚えている子は数人いましたが、こちらが白鳥農園で行ったことをジェスチャーしてみると、「麦踏み」「脱穀」と言える子が多かったです。

すいとん作りは年長児になると、「どのくらいの大きさが食べやすいか」など考えて作っている様子が伺え、面白かったです。

中には「大きいのが食べたい!」と少し大きめなのを作っている子もいました。
試食では「もちもちしておいしい!」「まだまだ食べられる」と、とても満足している様子でした。

(写真は白鳥農園でできた小麦粉を子ども達が丸めて「すいとん」を作っているところ。今回も試食用の鍋は空っぽになってしまいました。)
[PR]
by keiteki-siratori | 2009-11-17 20:54 | 白鳥農園・園外保育

11月14日(クラフトフェスタ)

d0091723_18462421.jpg今日は、幼稚園・保育園でクラフトフェスタがありました。

ホールにはご家庭に持ち帰って遊べるような個人制作が飾られていました。
はさみやのりを上手に使って時には苦戦もしながらも、かわいらしものが出来上がりました。

お部屋には絵画や折り紙の制作を中心にが飾られていました。

保護者の方がご覧になって驚いていたのは、やはり酒井式描画法による絵画制作。
酒井式で描いたものと、自由に描かせたものを並べると違いは一目瞭然。

「どうやって描いたのですか?」「どのくらい時間をかけたのですか」とたくさんの質問を頂きました。
年中さんは「とうもろこしの皮むき」を描きましたが、あるお母さんは「最近、家でとうもろこしを子どもが描くんですが、前と違って一粒一粒描くようなって驚きました」とおっしゃっていました。

実際にとうもろこしの粒を一粒一粒もぐ経験をし、酒井式で丁寧に一粒ずつ描く経験をしたので、「とうもろこしは粒が集まってできている」という風に見方が変わったのかもしれません。

ある子どもの絵を他の子ども達の絵と比べても、一見同じように見えますが、線描の質感や顔の表情、こだわるところの微妙な違いなど、それぞれの子ども達の個性が同じテーマの絵を描くことで見えてくるということが酒井式描画法の大変面白いところだと思います。

学級閉鎖で絵が完成せずに「途中経過」を見て頂いたクラスもありますが、急いで完成させると絵が雑になってしまい、積み上げてきたものが台無しになってしまいます。
途中経過を見て頂く機会はなかなかないので、「どのように絵が完成していくのか」見て頂き、良かったのかもしれません。

今後も丁寧に取り組み、完成したらまたご覧頂けるようにしていく予定です。
(写真は年長さんの「花火」。どの絵も花火の輝きや花火を見ている人物の動き・表情が違っていて面白いですね)
[PR]
by keiteki-siratori | 2009-11-14 18:55 | 園行事

11月9日(年中)

白鳥幼稚園でも、10月下旬から、インフルエンザが流行りだし、年中組さんは11月の第1週は学級閉鎖をさせて頂きました。

今日から子ども達が登園してくるという事で、とても楽しみにしていました。

久しぶりに子ども達の元気な姿を見て安心したのと同時に本当に嬉しくなり、健康が一番だなと改めて感じました。

久しぶりの登園でしたので、落ち着かないかなと思っていましたが、子ども達は休みを感じさせない程しっかりとしていて驚きました。

やはり日々のローテーションで体力がつき、裸・薄着で体も健康になり、インフルエンザにはかかってしまいましたが、体力はついてきたなと感じます。
これから休みが増えていかないように環境を整え、またクラフトフェスタ前ですが、バタバタしないよう休息を入れ取り組んでいきたいと思います。

また、昨日は飯能祭があり、年長さんがお祭り広場で和太鼓の発表をしました。d0091723_2221760.jpg

たくさんの保護者の皆さんや一般の聴衆の皆さんが見守る中、大変立派な発表ができたと思います。写真にも載せましたが、リズムや振りが子ども達の間でぴったりとあって、和太鼓の楽曲を心をひとつにして、取り組めました。

見ている私たちをすがすがしい気持ちにさせてくれ、感動を子ども達から戴いた思いがします。
応援に駆け付けて頂いた皆様、ありがとうございました。
(写真は和太鼓をたたく年長さん。振りもぴったり合って心もひとつになっているのが伝わってきますね)
[PR]
by keiteki-siratori | 2009-11-09 22:27 | 園行事

11月5日(年長 さつまいも試食)

d0091723_2025363.jpg今日は先日のさつまいも掘りで収穫したさつまいもの観察、試食をさせて頂きました。

観察では、はかりとメジャーを使って、重さ、大きさを調べました。
はかりの存在は知っていたようでしたが、「はかり」という名称や目盛りの見方ははじめて知ったようでした。

今日量ったお芋は500g以上あり、普段みんなが飲んでいる牛乳の重さと比較してみて驚いたり、両手や片手で持った感覚で重さを感じてみたりもしました。

大きさでは、縦の長さ、太さをメジャーで測って、「みんなでいえば、身体測定のときの身長と胸周りを測っているのと同じだよ」と伝えると、「なるほど~」というような顔をしている子もいました。

試食では「もちもちしておいしい!」などの感想もあり、とてもおいしく頂くことができました。

ありがとうございました。
[PR]
by keiteki-siratori | 2009-11-05 20:03 | 白鳥農園・園外保育
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30