しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

5月24日(年中 交通訓練)

今日は幼稚園・保育園で交通訓練(ワンワンクラブ)が行われました。d0091723_20161317.jpg
雨が降ったため、幼稚園のホールで行われました。

市の指導員さんのお話では、分かりやすい人形劇をして下さいました。
かわいい動物達が出てきて、車が走っているところに急に動物達が飛び出してしまう劇でした。

劇の中で止まって右を見て左を見て、手を挙げて横断歩道を渡ることは何度も確認し、子ども達も真似して行っていました。

その後指導員さんが用意して下さった信号や踏切を使い、幼稚園の役員さんにお手伝い頂きながら、実際に車が来たことを想定しながら歩行訓練を行いました。

よく指導員さんの話を聞き、手を挙げたり右左を確認したり姿が見られました。

クラスでも確認をすると、歩行者信号の青の点滅の意味などもよく覚えており、園外での活動等に活かしていきたいです。
(写真は踏切を渡る練習をする年中さん。指導員の方の話を聞いて「右を見て、左を見て・・・」と訓練に励んでいました。)
[PR]
by keiteki-siratori | 2010-05-24 20:20 | 園行事

5月19日(年長 体力測定)

今日、年長組では初めて体力測定を行いました。d0091723_219193.jpg

ローテーション等で日々たくさん体を動かしているので、できることも多い子ども達ですが、その分出来ていないこと、少し弱い部分もあり、一人一人の力を知る良い機会でした。

以前からジャンプが弱いと言われていたので、ローテーションに紐のジャンプを取り入れてみたり、時間があるときに先生の手にジャンプをしてタッチをするようにしてみたりと、少しでも伸びるよう取り組んできました。

また、体が硬い子も多く前屈で少し苦戦していたり、足が曲がってしまう子もいました。
しかし測定をして、『この子はこんなに力があるんだ・・・機敏に動けるんだ・・・』等と新たな発見もあり、面白いなと感じました。どのような結果が届くのか楽しみです。

(写真は片足で細い板の上に乗り、どれだけ長く落ちずに立っていられるか「バランス感覚」を測定しているところ。先生はストップウォッチで秒数を測ります。上履きを脱ぐと、反射的に揃えてしまうところが、いかにも白鳥っ子です。自分の記録用紙と他の子ども達の記録用紙を比べて「ここがすごい!」と見比べている様子も見られました。)
[PR]
by keiteki-siratori | 2010-05-19 21:20 | 体育ローテーション

5月17日(年長 遠足)

今日は幼稚園で春の遠足が行われました。d0091723_23365555.jpg

天気に恵まれ、気持ちよく森林公園まで行くことができました。

朝から子ども達も楽しみでワクワクしている様子が伺えました。
バス内でも約束を守り安全に乗れたと思います。

到着後も、緑豊かな中でたくさん体を動かしアスレチックや水遊びをしていました。
大きなボールで遊んでいる子もいました。

遊んだあと、きちんと元にあった場所に片づけをしていて、普段の行いが、このような場でも自然に出るのだなと思いました。明日からは普段通りの保育が始まります。

疲れが出たりすると思いますので、しっかり視診をし、また気を引き締めて保育にあたりたいと思います。
[PR]
by keiteki-siratori | 2010-05-17 23:37 | 園行事

5月11日(年少 音楽朝礼)

今日は音楽朝礼がありました。d0091723_21551351.jpg

「おかあさん」の歌を発表しましたが、「おかあさん・・・」のあとの歌詞がよくわからずモゴモゴとしていました。

けれども、指揮の先生を見て歌う姿勢を取れる子が増えてきました。
発表する楽しさが味わえるように、できるところを褒め歌声を増やしていきたいです。

その後の食育講和では、正座に疲れてしまっていましたが、集中力がついてきたと思います。
おしゃべりや寝転んでしまう姿もまだまだありますが、4月当初に比べると落ち着きも見えてきました。

整列も上手になってきましたので、一つ一つできることを増やし、目標を持って集会に参加していきたいです。

昨年も今頃、飯能市の管理栄養士の方に来ていただいて、エプロンシアターで楽しく食育の話を子ども達にして頂きました。

今年も同じ方が担当されて、「去年、話した内容を覚えている子がいてビックリしました。
子ども達がすごく良く話が聞けますね」と驚いていました。

エプロンシアターの主人公の男の子が食べた今日の朝食を「主食」「主菜」「副菜」「その他」で、子ども達に「ご飯はどれだ?」「このお味噌汁はどこになるかな?」と質問をして、分類させるところがありましたが、年長の子ども達は話の内容を良く理解していて、「ご飯は主食!」などと、ほとんど完璧に答えていました。

「あの場面は良く子ども達が答えられましたね」と管理栄養士の方に尋ねると、「ええ、私もビックリしました。良く話が聞けていたので試しにやってみましたが、驚きました」と言っていました。

「分類する」ということは、物事の法則をきちんと捉えていないとなかなかできない、かなり高度な知的な活動です。

年長の子ども達は、こちらで考えているよりも高いレベルで物事を捉える力がついてきているんだなと感心してしまいました。
[PR]
by keiteki-siratori | 2010-05-11 21:57 | 園行事
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31