しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

<   2011年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月24日(年少 夏祭り)

d0091723_216196.jpg今日は夏祭りがありました。

久しぶりに会う子ども達は緊張している様子もありましたが、お友達にあったり輪投げのゲームが始まると普段の元気が出ていました。


d0091723_2195611.jpg神輿かつぎで自分のうちわをもらうと、とても喜んでいて、「わっしょい」のかけ声も笛の合図に合わせて大きな声で言えていました。

神輿の順番がくると全員がしっかり握り、笑顔で1周担ぐことが出来ました。



d0091723_21103118.jpgダンスでは覚えた振りをお友達や先生の姿を真似しながら一生懸命に踊っていてとても可愛らしかったです。背の順で素早く並ぶことが出来るようになり、お話も聞けるようになってきたのでスムーズに移動できました。

父母会長さん、父母会役員さん、後援会の皆さんには感謝しております。
ありがとうございました。

(写真1枚目は輪投げゲームをする年長さん。2枚目は神輿を担ぐ年少さん。神輿を担ぐ我が子を撮ろうとカメラを持ったお父さん達が周りに集まっていました。3枚目は秩父音頭を踊る年中さん。短期間の練習でしたが、良く覚えて踊れていました。)
[PR]
by keiteki-siratori | 2011-07-24 21:07 | 園行事

7月24日 夏祭り

今日の夏祭りは晴れの日程で行います。
[PR]
by keiteki-siratori | 2011-07-24 14:25 | 園行事

7月20日(年少 終業式)

d0091723_927583.jpg今日は終業式でした。途中入園した子もホールで落ち着いて参加できました。

立腰の持続を意識できる子が数名いて、目線も良く前を見ていました。


d0091723_9292328.jpg初めての漢字の絵本の発表ではめくるのも絵本を持つのにバラバラとしていましたが、少し声を出し、絵本のページをめくる「いち、に、さん、はい」のかけ声を合わせていました。

まだまだ絵本を読むという感じではありませんが、少しずつ読めるよう取り組んでいきたいです。

クラスに戻り、7月の出席率100%や一学期の頑張りを誉め学期末のメダルをプレゼントするととても嬉しそうでした。

d0091723_9303366.jpg2学期の行事も今から楽しみにしていました。
(写真1枚目は年少さんの2ヶ月皆勤賞の発表の場面。名前を呼ばれると「はい」と返事ができる子も増えてきました。
2枚目は漢字の絵本を読む年少さん。時折り声が小さくなったり、絵本をたどる指もあっちにいったり、こっちにいったりしている子もいて、先生が「ここだよ」と補助しています。それでも毎日積み重ねると文字に対して興味もわいて、次第にお友達同士で手紙のやり取りをしたり、絵本を読むことに興味を持ったりするようになります。
3枚目は年長さん。1年2年と積み重ねてくるとこんなふうに変わります。指で読んでいるところをしっかりたどる、声がきれいに揃う、そして立腰の姿勢もとてもきれいになってきますね)
[PR]
by keiteki-siratori | 2011-07-21 09:33 | 体育ローテーション

7月12日 サマーコンサート

d0091723_14523170.jpg今日はサマーコンサートがありました。

嬉しいことに流行っていた水疱瘡も治まり、本日は全員出席で、お休みは誰もいませんでした。

いつものように短縮版ではありますが、体育ローテーションをしっかり行いました。

「え、サマーコンサートなのにローテーションもやるんだ」と思った保護者の方も多いはず。

数年前まではローテーションは行わずに発声練習をして臨んでいましたが、先生方から「短くてもローテーションをやった方が声が良く出る。集中する」と言う事もあり、ローテーションを行ってからサマーコンサートにという、「普段の生活リズム・・・早起き・早寝・朝ごはん・朝日を浴びてリズム運動」に沿った形で、サマーコンサートに臨みました。

多くのお母さんやおじいちゃんおばあちゃん、意外にもお父さんも大勢見えました。

d0091723_1453335.jpg発表は年少さんからスタート。舞台に立つだけで「かわいー」「かわいー」と会場は大満足の様子でした。
「汽車」「アイアイ」の歌はとても元気で会場からは時折り微笑ましい笑みがもれていました。

年中さんは「ジグザグお散歩」「ドレミの歌」を歌いました。歌の姿勢も年少さんの頃よりもグッときれいになって、歌声も力強さが増し、揃ってきているのが伺えました。


d0091723_14543756.jpgサマーコンサートでは初めてとなる合奏「ドレミの歌」もこの時期にしてはとても良く、大型楽器と鍵盤ハーモニカのリズムとメロディーのバランスも取れて、聞き応えのある良い演奏になりました。沢山の拍手をもらって子ども達も嬉しそうでした。


d0091723_14555792.jpg年長さんは「カントリーロード」「怪獣のバラード」を歌いましたが、きれいなメロディラインのカントリーロードと元気溌剌とした怪獣のバラード、対照的な曲を見事に歌い分けました。メロディーの美しさ曲にこめられた情感も表現できていて、「音楽」しているなと感じさせてくれました。

合奏は「君をのせて」でした。かなり複雑な曲でしたが、それぞれの子ども達が役割を果たして曲の流れをスムーズに表現できていました。

歌と合奏で一番違うのは、先生の伴奏のピアノの作る曲の流れに合わせて歌う「歌」と違い、子ども達が指揮者の先生を見て、打楽器やシンセ等の大型楽器と、鍵盤ハーモニカがそれぞれ役割を果たして、曲の流れ・リズムを子ども達自身で作っていくことにあると思います。

良く互いの出す音を聞いて、良い合奏になりました。練習している時から楽しそうでしたが、皆が調和し一つになって一つの楽曲を作り上げていくことに子ども達自身が喜びを感じているように思えます。

聴衆の保護者の皆さんも感激されて沢山の拍手や涙を浮かべている姿が見られました。

発表をすでに終えた年中さんはステージ袖で年長さんの歌・合奏の様子を見ていました。来年の自分の姿と重ね合わせてみていたお友達もいたことでしょう。


d0091723_1457125.jpg合奏を終え退場していく年長さんを拍手で送り出していました。年長さんの顔はとても誇らしげ。とても微笑ましい場面でした。

様々な面で成長を感じさせてくれたサマーコンサートになり、とても良かったです。
ありがとうございました。
[PR]
by keiteki-siratori | 2011-07-13 12:28 | 体育ローテーション

7月6日(体育ローテーション大会 年中)

d0091723_9505625.jpg今日は体育指導で跳び箱のローテーション大会を行いました。

まだまだ3段が跳べず、「グッ、手、パッ」の形にもなってなかった4月から3ヶ月が経ち、子ども達も少しずつコツをつかみ伸びてきて3段が跳べるようになってきたり、初めて今日4・5段を跳んだりと、とても力がついてきました。


d0091723_9514898.jpgまだこちらが「応援してあげよう」と声を掛けてあげないと良い応援はできませんが、「○○ちゃん頑張れ」と声を掛けたり跳べた子には拍手をしたりと良い雰囲気の中で行えました。

d0091723_9532113.jpg(写真1枚目は跳び箱を跳ぶ時の手足の動きのリズムを分かりやすく「グッ、手、パッ」で表現して、練習をしているところ。
2枚目は3段の跳び箱が跳べて、お友達や先生から褒められている場面。ちょっぴり照れていてかわいいですね。

3枚目は本日一番高い段を跳んだ年長さん。高さは9段!ほとんど彼の背の高さと同じです。年長になるとお互いに「頑張れ~、頑張れ~」と応援し合います。この声援に後押しされて今まで跳べなかっ高さも突然跳べてしまう事もしばしば起きます。子ども達の声援の輪が子ども達の中に秘められた内なる力を引き出してくれるようでびっくりします。

年少・年中の子ども達もそんな年長さんの姿を良く見ていて、将来の自分の姿に重ね合わせています。
3段が跳べた子は自信がついて「今度は4段跳ぶぞ!」と自分で目標を立て、何度も取り組みます。大人の私達が学ばなくてはならない姿勢ですね。)
[PR]
by keiteki-siratori | 2011-07-07 10:14 | 体育ローテーション
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31