しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

<   2012年 02月 ( 9 )   > この月の画像一覧

2月25日(生活発表会 年中)

d0091723_11432319.jpg今日は子ども達が緊張しつつも、とても楽しみにしていた生活発表会でした。

発表会に向けて毎日歌・合奏・オペレッタの練習に取り組んできましたが、一日一日と上達していく姿や機敏な行動、メリハリのある動きにとても驚かされました。

また、保育者の想いを受け止めて、必死に頑張る姿にはとても胸を打たれて、練習でもたくさんの成長を感じることができました。

d0091723_11464450.jpg今日の本番でも一生懸命歌う姿や必死に合奏する姿、大きく楽しく踊る姿にとても感動して、やはり子ども達の持っているパワーに驚かされました。

全員揃って今日の発表会を終えることができたのも、父母会さん、役員さん、たくさんのお手伝いの先生方、お手伝いに来てくださった方々のおかげです。

本当にありがとうございました。


d0091723_1153498.jpg(写真1枚目は合奏をする年少さん。ちょっとしたハプニングもありませんでしたが、動ずる事なく一番良い演奏ができました。
写真2枚目は『大きなかぶ』の最後の場面、かぶが抜けて大喜びで踊る年中さん。
3枚目は年長さんの歌、見事に声と心が揃って、澄み切った歌声がホールの空間を満たしていました。

d0091723_11481818.jpg4枚目は全園児によるフィナーレ、年長さんの和太鼓も加わって子ども達のパワーが炸裂していました。

学年が上がるに連れ、歌・合奏などの歌声や楽器の音、お遊戯や和太鼓の振りなどが見事に揃ってきます。

子ども達は演奏、演技からテクニックだけではなく『息を合わせる』 『呼吸が合う』 『心が合う』 『仲間の和の力をもって一つの楽曲、作品を築いていくことに喜びも見出す』 『互いの頑張りを讃えあい、仲間を支え、自分の励みにし成長する』という素晴らしい心を育んでいきます。

見ている私たちの心は、子ども達の演奏・演技から,そのことを感じ取ります。だからこそ、感激し、涙が思わず流れるのでしょう。

他園でインフルエンザが猛威を振るう中、学級閉鎖も全くせずにこの日を迎えられたのも、ご家庭での保護者の皆さんの生活リズムと、園での体育ローテーション・日課活動・立腰・躾の三原則などの園での活動・生活リズムがリンクして子ども達の本来持っている様々な力を引き出しているからだと思います。

素晴らしい『生活発表会』になりました。ありがとうございました。)
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-26 12:46 | 園行事

2月23日(年長 発表会リハーサル)

d0091723_10363842.jpg今日は、飯能市民会館でリハーサルを行いました。

オペレッタでは、舞台の広さに戸惑う姿もありましたが、確認をしっかり行い、通しではとても上手にできました。
和太鼓もとても上手で揃っていました。

歌・合奏の前には、お散歩にも行くことができ、気分転換ができ良かったです。

その後、年中さんの歌、合奏も暑いステージの上では、良く頑張っていました。

また、立つ場所や曲順の変更などすぐに対応できるのは、「さすがだな」と思いました。
フィナーレ、幕間と最後まで、しっかりした態度で参加できました。

良いイメージで終われたので、明後日は楽しんで発表ができるようにしていきたいと思います。

(写真は市民会館で歌を歌う年長さん。とてもきれいな歌声でした。本番が楽しみです)
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-24 10:40 | 園行事

2月21日(チャオチャオ広場 吉田恭子先生)

今日は吉田恭子先生がチャオチャオ広場に遊びにいらっしゃいました。

白鳥にやって来て、「おはようございます」の挨拶を終えた後、最初に発した言葉は

「先生、すご~い、上半身、裸の子ども達がいっぱい!」

寒さに負けず(というより肌が鍛えられて寒さに慣れ、強くなっている)体育ローテーションに励む子ども達を見て、感激してました。

「子ども達元気ですよね、インフルエンザも今のところ、延べ7,8人だと思います」と言うと、

「それはすごい!私、今いろんな園を回っているんですが、どの園もインフルエンザが凄いんです。学級閉鎖をしている園がとても多いです」

「きっと、裸足・裸で免疫力が凄く高くなっているんですね。今は薬ではなく、免疫力の研究が盛んになっているんです。」
と今、先端の研究の話を始めました。

吉田恭子先生と話していると、何だか元気になってくるから不思議です。

虐待、引きこもり、家族病理など、凄い現場を潜り抜け、知識も経験値も並外れたものをお持ちなのに、驕りや偉ぶったところが全くなく、受け止めてくれる「安心感」があります。

そして、問題に対して「こうしましょう」と具体的に教えてくれ、「何だかできそう」と前向きになれるのです。
チャオチャオに参加され、恭子先生と子育ての悩みを話されたお母さん方、きっと同じことを感じたと思います。

来年度の恭子先生のいらっしゃる日も決まりました。

早めに皆さんにご案内して、少しでも多くの方に恭子先生と触れ合う機会ができたらと思います。

(吉田恭子先生のブログです。どちらのブログも素晴らしいです。ご覧になって下さい)
http://family-systemnext.com/yoshidakyoko.aspx

(白鳥幼稚園のチャオチャオ広場に参加され、感じたことをブログで綴っています。こちらもご覧下さい)
http://educare.exblog.jp/17838087/
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-22 10:56 | ナーサリィ・子育て支援 

2月16日(年少 散歩・麦踏み)

今日は年中児と手をつないで畑まで麦踏みに行きました。d0091723_18173344.jpg

年中児の出発前に背の順、二列から、素早く男女の一列に並んでいるのを見て、年少児は驚いていました。

道路では、車側を年中児が歩いてくれ、車が来ると手を引いて教えてくれたり、畑について年少児がウロウロしそうになると「こっちだよ!」と呼んでくれていました。

年中さんに憧れの気持ちを持てたと思います。麦踏みでは『麦が強くなるように』とカニ歩きでしっかりと踏んでいました。

(11月にまいた小麦が大きくなってきました。麦の根が強くなるよう麦踏みをします。これから脱穀をしたり、できた小麦粉からすいとんを作ったり、様々な体験活動が待っています)
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-20 18:49 | 白鳥農園・園外保育

2月15日(年中 プリント)

今日は主活動でプリントを行っていきました。d0091723_16382418.jpg

日課のフラッシュカードや絵本、お友達とのお手紙交換から、字に興味を持ち出す子が増えてきて、子ども達もプリントに対して積極的に取り組んでいます。

今日は『数』『知恵』のプリントを行いましたが、理解力がついて問題もスラスラ解いています。

今日は『長い』『短い』の問題だったのですが、子ども達には少し難しかったようで、何回も間違えたり、頭を抱えている子もいました。

でも、丁寧に教えていく事で子ども達も分かり、とても嬉しそうにしています。

なるべく自分の力で解き、その喜びを味わえるようにしたいです。

(写真は『長い』『短い』のプリントに取り組む年中さん。ちょっと難しかったのか頭をひねっている子も何人かいました。先生が机間巡視をしてアドバイスを送ると、「わかった!」と嬉しそうでした)
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-16 16:45 | 日課活動

2月14日(年長 新井先生音楽指導)

今日は新井先生の音楽指導がありました。

発声の時から皆、意気込んでおり、とても良い声が出ていました。

歌は練習してきたことを発揮できるようになってきて一体感ができて上手になりました。

今日は歌から合奏に移動する時に静かにできていて本番を意識して一生懸命な子ども達の姿が良かったと思います。

d0091723_1151399.jpg和太鼓では、『皆が一生懸命叩く』ことや『皆で一つ』という気持ちの面でも新井先生が子ども達を高めて下さいました。

変更点や新しく追加した演技もあるので、残りの時間を大切にして、取り組んでいきます。

(写真は和太鼓の練習をする年長さん。叩くだけでなく振りも揃ってきて子ども達同士の心の一体感が高まってきています。和太鼓後列の子ども達に注目。股を広げ左足の膝を曲げ、右足はしっかり伸びています。『股割り』という和太鼓の基本の姿勢です。この姿勢が取れ、和太鼓に取り組めるようになると、『腹が座った』良い演奏になります)
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-15 12:04 | 園行事

2月9日(年少 土屋先生音楽指導)

今日は土屋先生の音楽指導がありました。

前回と比べ、始める時「お願いします」の挨拶も揃うようになり、また、子ども達の目つきから『やるぞ』といったやる気が感じられ気持ち良くスタートできました。

歌では、1曲目の『夕焼け小焼け』の優しい気持ちになる声、2曲目、3曲目と元気な歌声が聞けたように思います。
イメージを持つことで、年少でも歌声に多少の変化が見られるのだなと思いました。合奏では途中から年長さんが聞いてくれ、終わると拍手をくれました。

子ども達は拍手をもらい嬉しそうでした。本番では今日の数倍の拍手がもらえるよう、残された間も頑張りたいです。

(年長さんから拍手をもらい、嬉しそうだった年少さん。年長さんのオペレッタの練習では、上手にできると出番でない子が拍手をしたり、応援したり、互いに讃え合う姿も見られます。ここまで心が成長するんだなと微笑ましくなります)
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-10 17:41 | 園行事

2月8日(年中 体育指導 発表会練習)

今日は山田先生の体育指導があり、縄跳びを見て頂きました。

2学期後半まったく跳べなかった子も、少しずつ上手に回して跳べるようになってきました。

跳べると子ども達は嬉しいようで何回もチャレンジしたり、「先生見て」と言って何回も見せてくれて、楽しんで取り組んでいるようです。

また、発表会練習を通して子ども達はお話しを聞く態度も変わってきていますので、こちらもメリハリのある行動や態度をしっかりと行っていきたいと思います。
d0091723_126469.jpg

(写真はオペレッタに取り組む年中さん。練習をしている時以外の園生活でも、オペレッタで流れる曲を歌いながら踊っていたり、とても楽しそうです。)
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-09 12:11 | 園行事

2月3日(年長 合奏練習 豆まき)

今日はホールで合奏練習に取り組みました。

合奏の場所に移動するところから行いました。

今日は移動の際に誰もおしゃべりをする事なく静かに行うことが出来ました。
特別な声掛けをした訳ではなかったのですが、今までの練習の中で伝えてきたことをしっかり覚えてくれていたのだなと嬉しく思いました。

また、今日は豆まきをしました。d0091723_13372185.jpg

子ども達に「どんな鬼を退治する?」と聞くと、「わがまま鬼」「片付けない鬼」「泣き虫鬼」など出てきて、「○○鬼、外~!○○しない子になるぞ」と言って豆まきをしました。

先生が変装した鬼が来ると、一生懸命逃げながら豆をまいていて、とても楽しかったと言う子がいました。

(写真は鬼が来たときの年少さん。年少さんは怖くて泣いてしまう子もいましたが、必死になって豆を鬼にぶつけていました。)
[PR]
by keiteki-siratori | 2012-02-06 13:43 | 園行事
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29