しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

4月11日(第38回 入園式)

今日は第38回の入園式でした。

あいにくの雨模様となってしまいましたが、開園以来、白鳥幼稚園を見守る桜の木は満開の花をつけて新入園の子どもたちを迎えてくれました。

年長のお友達が歓迎の言葉を新入園の子どもたちに投げかけ、歌と合奏のプレゼントをしました。
年中さんだった頃より、一段と逞しく、そして清らかな声、迫力のある合奏に会場の新入園のお友達や保護者の皆さんからたくさんの拍手を頂き、年長さん達も嬉しそうでした。

新入園のお友達の名前を呼ぶ場面では、在園児も顔負けのはっきりとした短い返事をするお友達もいて、こちらもびっくり。

チューリップ・ぞうさんを会場にいるみんなで歌い、和やかな雰囲気で入園式を終える事が出来ました。

明日からいよいよ新入園のお友達は登園になります。今の年長さんのような逞しく、優しい白鳥っ子になれるよう職員皆で協力して頑張っていきたいと思います。

d0091723_16204631.jpg
d0091723_16223519.jpg
d0091723_16241965.jpg
d0091723_16235484.jpg




[PR]
# by keiteki-siratori | 2017-04-11 16:33 | 園行事

4月7日(年長 始業式)

今日は始業式がありました。

少し緊張した面持ちで階段を上がっていきました。また、期待も大きかったようで、重い荷物も自分でしっかり持ち、所持品始末も一生懸命に行うことができていました。

年長になれたことがとても嬉しいようで、姿勢や園歌の声など色々な場面で、はりきっているなと感じるところが沢山ありました。

このまま、二階パワーで年長としての自覚がどんどん芽生えていくと良いなと感じました。

d0091723_15365395.jpg
学年も一つ上がり、立腰の姿勢も素敵になってきました。
d0091723_15372907.jpg
園歌の歌声も力強さが出てきました。
d0091723_15382699.jpg
        園内の桜もほぼ満開。明日の入園式までもつといいですね。


[PR]
# by keiteki-siratori | 2017-04-10 15:52 | 園行事

2月3日  (豆まき)

 2月には節分という…子どもにとっては
来てほしくない行事・・・。
白鳥幼稚園・保育園では豆まきを行いました!
今年もちょっぴり怖い赤鬼と青鬼が来ました。


<年少の様子>
 今日は豆まきをさせて頂きました。
前日に豆まきがあると伝え、
もしかしたら鬼が来るかもよ。と伝えてあり、
朝から「今日は鬼は来るの?」と何人もの子ども達から聞こえてきました。
豆まきの前にはどう豆をまくのか、
何を言いながらまくのか等、お話をしましたが、
いざ来てみると、皆それどころではなく、
泣き叫ぶ子がほぼ全員でうまく豆を投げられず
終わってしまいましたが、子ども達にとって、
とてもいい経験になったと思います。
昼食の際も放心状態の子もいて、
食の進みもいつもと比べると悪く、
鬼の効果は絶大でした。
d0091723_13352244.jpg

d0091723_1336234.jpg



<年中の様子>
 今日は豆まきに参加しました。
子どもたちは登園すると「今日鬼来る?」と
不安がっている子「鬼は先生達だよ!」と言い張り、
怖がらず笑っている子も数名おり、
朝に大きな足跡があったと伝えると、
少しの音で「なんか音がした」と怯えだす子が多くいました。
実際に鬼が来ると、笑う子は1人もおらず、
怖がって泣く子が沢山いました。
鬼が「先生のお話をしっかり聞こう」と伝えると、
とても大きな声で「はい!」と返事をしてくれました。
いい返事が継続できたらいいと思います。
d0091723_16314994.jpg


d0091723_1636566.jpg


<年長の様子>
 今日は豆まきがありました。
「今日鬼来る?」と年長児でもすごく不安そうに言っていたり、
「鬼ってね本当は先生なんだよ」とお友達同士で確認し合っていたりと
素直で可愛らしい姿が見られました。
実際に鬼が来ると逃げ回る子ども達でしたが、
笑顔もあり、泣く子はいませんでした。
鬼に「しっかりできるか?」と聞かれ、
「はい!!」といつも以上の返事をしており、
帰ってからは「今年の鬼は厳しかったね…」と
泣かずにはいましたが怖かったようでした。

d0091723_16473829.jpg

d0091723_1648344.jpg

d0091723_16494577.jpg

[PR]
# by keiteki-siratori | 2017-02-09 09:26

2月園長だより

-小麦の生育を通して、その種を残そうとする
すさまじい執念を感動と驚異を持って知るー

今年は無事に立派に麦が発芽して、
子ども達に念願の麦踏みをしてもらうことが出来ました。
最近では麦など生産するところは殆どなくなってしまい、
その姿さえ見ることが出来なくなってしまいました。
こんな訳で、子ども達には麦踏みを体験しておいてほしいのです。
いつの日か農業をする人になるかもしれませんし、
場合によると食料に困って麦を作らねばならない日が
やってくるかもしれません。
その日のために頭の隅にでもこの体験を
残しておいてほしいのです。
別にこんなことをしなくても、
麦わら屋根の家などという昔話や話題が出た時
「あの時麦踏みをした小麦で屋根が作られているのだ」
ということが分かるだけでも、
こういう体験がなければ想像も出来ません。
どんな体験でも無駄なものはありません。
さて今年は1月になって寒い日が続いています。
花が咲き実を結ぶ植物は、この寒さを体験すること、
春化処理を体験する事がとても大切です。
植物だけでなく動物にとっても人間にとっても、
この寒さは心身を鍛え力強く育つには不可欠です。
麦踏みの役割は霜柱で盛り上がった土を踏みしめ、
しっかりと根付かせる。
人間でいえば足腰をしっかりと鍛えるということにあたりましょうか。
こうして3月の半ばくらいから茎が出来、
背丈もどんどん大きくなり4月になると穂ばらみ、
やがて青い麦の穂が出そろいます。
そして4月の後半から黄色に色づきはじめ、
5月の半ばには黄金色の麦秋を迎えます。
そして麦刈りが始まります。
毎年のことですが、
一列の畝の両端に殆どの麦が黄色に実ってるのに、
十数本の青い未熟なものがあるのです。
そして良く観ると青い穂が出ているもの、
穂ばらんでいるもの、穂ばらむ前のものと、
大まかにみて三種類くらいの青い麦があるのです。
これに ぶつかると刈って捨ててしまおうか、
それともこのままにして完熟するのを待とうかと
甚だ困惑することしきりです。
それにしてもどうして畝の両端に
未熟な青い成長の度合いの違う麦が存在するのだろうかと、
その度に考えるのですが中々その回答がみつからない。
いつの事だったかそれをみつけることが出来ました。
それはもしも、台風などが襲来して暴風雨が吹き荒れ、
大水が出て熟れた大部分の麦が流されてしまった時に、
まず最初に穂の出ている青い麦が実って種を残す。
それも流されてしまったりしたら
次に穂ばらんでいた麦が成長して種を残す。
これもダメだったら穂ばらんでもいなかった
最も幼い麦が成長して種を残す。
少なくともこれ等三段じかけで種を残そうと
考えているとさえ思え何とも執拗で
たくましくすばらしい種の保存への執念かと驚嘆するのであります。
そしてあらゆる動物を含む全ての生き物は
その生命のあらん限りをつくして自分の種族の保存に命をかけます。
それにしても、文明度の高い国々の人々は種を残すという事に
淡白になり少子化し、我々ホモサピエンスという人種も
滅亡する一因になるのではないかと危惧しております。
冗談ではありませんぞ?


d0091723_17302386.jpg

[PR]
# by keiteki-siratori | 2017-02-09 09:19

1月14日 (凧揚げ大会)

 お正月といえばかるた、羽子板、福笑い、凧揚げ、など沢山ありますね。
白鳥幼稚園では凧揚げ大会が行われました。
凧の骨組みは保護者の方が作り、
絵は障子紙に園児が描いた手作り凧です。

【年少組の様子】
 今日は凧揚げ大会があり、
皆楽しそうに保護者の方々と作っていました。
絵を描く際には、一人ひとりの子が思いおもいに描いており、
見ていてとても楽しそうな姿でした。
たこ作りでは保護者の方がとても一生懸命にたこを作っていました。
グラウンドでは、風も出てきてよく飛んでいました。
寒さもその分ありましたが、
子ども達は嬉しそう走ってたこを飛ばしており、
今年が一番よく飛んでいた様に感じました。
今日は子供たちにとって良い経験になりました。


【年中組の様子】
 今日は凧揚げ大会参加しました。
子ども達は朝の登園の際にお父さんとお母さんと
一緒なことが嬉しいようで、
いつもより甘えん坊な子が多かったように思います。
絵を描いており、中には「空に高く飛んでほしいからロケットを描いた」
という子もいて、それぞれすてきな作品ができていました。
グラウンドで飛ばす際には保護者の方と一緒に楽しむ姿もみられ、
楽しんでたこあげ大会が出来ました。

【年長の様子】
 今日は凧揚げ大会がありました。
年長で最後ということでお母さん・お父さんも
「飛ばしたい!!」と気合いを入れて作っている様子がありました。
また何度も作られている保護者が多くいらしていたので、
スムーズに移動もできました。
どこのたこもよく上がっていて、凍えそうなくらい風も強かったので、
遠くまで上がるたこもありました。
今年は作ることに挑戦しましたが、作ると「飛ばしたい!!」という
気持ちになるので、子どもよりも大人のほうがハマってしまうような・・・
と感じた一日でいした。


お父さん・お母さん頑張って作っています!!
d0091723_17453733.jpg
d0091723_17464584.jpg


                            空高くあがりました!!

d0091723_17460044.jpg

d0091723_17461251.jpg


[PR]
# by keiteki-siratori | 2017-01-17 17:50

1月11日 (観劇会)

 白鳥幼稚園にスーパーモンキー&スーパードッグが来ました!!!!
犬猿の仲といいますが、
今日の犬と猿は大の仲良しで
権藤さんという飼い主の言うことをよく理解して
色んな芸を見せてくれました。
動物の持っている可愛さ、
人間を惹きつける不思議な力に感動しました。


【年少の様子】

 今日は観劇会に参加しました。
子ども達は朝から楽しみにしている様子がみられました。
ホールへ行くと猿や犬たちを見て「かわいい~‼」と皆が笑顔になりました。
いざ観劇会が始まると、おしゃべりする子はあまりおらず、
目をキラキラと輝かせて、「すご~い‼」「上手!」と大興奮でした。
自然と手をパチパチ動かし、拍手をしている様子も見られました。
お部屋に戻り自由画に取り組みました。
「お猿さんがボールに乗っているところ」
「わんちゃんがジャンプしているところ」など
一人ひとりが印象に残った場面を思い思いに書くことが出来ました。


【年中の様子】

 今日は観劇会に参加しました。
子ども達は朝来るなりずっと「お猿さんはどこ?もう来てる?」と
ずっとワクワクしていました。
ホールにつくと子ども達は目を丸くさせて驚いていて、
本当にウキウキしている様子でした。
始まると犬や猿が芸をしていて皆はそれにくいついている様子でした。
後半に近づくにつれて芸の難度も増し、
会場はとても盛り上がっていました。
「わんちゃんかわいい~」や「お猿さんすごかった!」
という声がたくさん聞こえて、
皆本当に楽しめているようでよかったなと思いました。


【年長の様子】

 今日は、観劇会に参加しました。
猿や犬が来る事はお手紙を見たからか、
前日に子ども達に話すと時には、もう知っていました。
どんなことをするのか、予想をして中には的中した芸もありました。
興奮しながらもマナーを守り、参加できたように思います。
竹馬に乗った姿やバスケットボールのダンクシュートがすごかったと言ったり、
犬の背中に猿が乗ったのがすごかったと、
沢山の感想が出てきました。
明日からは今年初めての絵日記にも取り組みますので
一人ひとりが感じたことを文章にしていけたらと思います。



スーパードッグ&スーパードッグ
d0091723_13134560.jpg


d0091723_13144881.jpg

d0091723_1315656.jpg

d0091723_13152429.jpg


お礼の気持ちとしてメダルをあげました!!
d0091723_1317362.jpg

[PR]
# by keiteki-siratori | 2017-01-12 13:44

12月6日 (クリスマス会)

 今日は子どもたちがずっと楽しみにしていた
クリスマス会がありました。
朝来るなり、「今日はサンタさん来てくれるかな~~」と
ウキウキワクワクでした。
クリスマス会では先生の出し物沢山楽しんだ後に、
サンタさんから電話がかかってきました。
すると子どもたちの表情はガラリと変わり、
背筋もシャンと伸びて耳を澄ませ始め、
ウキウキする気持ちと「かっこよくいないと!!」という気持ちが
入り混じっているんだと感じました。
プレゼントをサンタさんから受け取る時には、
ものすごく嬉しそうだったり、緊張していたりと様々でした。
「プレゼントがもらえるかも」という気持ちもあってか、
マナーをしっかり守りつつ、
皆でワイワイ楽しめて素敵な思い出になったようです。



 今日は子どもたちが心待ちにしていた
クリスマス会がありました。
気持ち上がっている子が多数でしたが、
園長先生のお話の中でいい子じゃないと
プレゼントが木炭になってしまう話を聞き、
自然と子どもたちの姿勢もピシッとなっていました。
サンタさんが来てくれると皆目を離さず、
会えたことがとっても嬉しいようでした。
「トナカイ見てみたい!!」や
「いつもどうやってお家に入るんだろう??」と
年長児ならではの「?」はてなが沢山でていて、
質問タイムが終わると「あーあ」と少し寂しそうな子どもたちでした。



どの学年も素敵な一日になりました。


先生方の劇「小人の靴屋」
d0091723_11423398.jpg
d0091723_11405660.jpg


サンタさん登場!!!質問time!!
d0091723_11424940.jpg


プレゼントもらいました♪
d0091723_11444485.jpg

[PR]
# by keiteki-siratori | 2016-12-07 11:47 | 園行事

課外活動 ラボパーティー

 白鳥幼稚園では、
課外教室として毎週金曜日に
英語の活動をしています。
ラボパーティーを担当して下さっている
岸本先生より目的特色などを伺いました。


ラボでは母語を習慣するのと同じように
無理なく楽しく英語を学んでいます。
単に単語を覚えるだけではなく、
それを使う状況ごとに丸飲みするように吸収しています。
幼稚園では、特に歌などを多く取り入れ、
リズムや音韻を体得します。
幼児期は驚くほど耳がいいので、
聞こえたとおりに真似してくれます。
まだ日本語も未完成な時期ですから、
日本語も英語も両方共に大切にしながらやっていきます。
とにかく「英語は楽しい!‼」と
思ってもらえるレッスンを心がけています。



英語で歌をうたったり…
d0091723_1114149.jpg


英語で問題を出してゲーム感覚で楽しんでいます♪

d0091723_1123556.jpg

[PR]
# by keiteki-siratori | 2016-12-07 11:06

12月1日 年少 麦まき


今日は麦まきに行きました。
畑について、子どもたちに手をお皿にしてもらい
配ったところ、とても興味をもって
その手を目の前まで持って行って
よく見ている子もいました。
麦をまく際には1か所にまとめて
まくのではなく
ぱらぱらと均等にまくことが
できました。

土をかける際には
「鳥さんにたべられないようにしないとね」
と子ども達から声が聞こえたことに
私自身も驚きました。
6月に行われた脱穀も
よく覚えていて
明日のすいとん作りにも
結びつけて話し
子どもたちも明日を楽しみにしていました。
準備、お手伝い等
ありがとうございました。

d0091723_13505696.jpg


d0091723_1202715.jpg

[PR]
# by keiteki-siratori | 2016-12-01 12:03 | 白鳥農園・園外保育

11月28日 (年長 すいとん作り 芋煮会)

 今日は芋煮会とすいとん作りをしました。
自分たちで野菜を切ることがとても嬉かったようで
よくお話しを聞きながら慎重に包丁を持ち、
切る姿はとても可愛らしかったです。
すいとんも3回目ともなるのも形を作るのも
小麦だということがよくわかったようで、
食材を丁寧に扱うことができました。
粘土のように、扱っていた昨年とは違う姿に
成長を感じました。
お鍋でぐつぐつ煮込んでいると
「いい匂い~~!!」と部屋いっぱいに
広がる野菜の香りをたのしんでいました。
自分が切った野菜やすいとんを見つけたり、
お友達のすいとんを見つけたりしながら
ペロッとおいしくいただくことができました。
ご協力をしてくださった先生方本当にありがとうございました。


小麦粉をこねたところ
d0091723_1184996.jpg


子ども達が丸めました
d0091723_1195190.jpg


d0091723_11133357.jpg


年長さん、上手に切ることができてます
d0091723_14262286.jpg

d0091723_14264658.jpg

d0091723_14271092.jpg


おいしい~♪
d0091723_1419438.jpg

[PR]
# by keiteki-siratori | 2016-12-01 09:16
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31