人気ブログランキング |

しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

3月園長だより

子供たちにはやる気満々意欲十分な人になってほしい

白鳥のどの先生もこどもたちをその気にさせ挑戦させることが、
どの幼稚園保育園の先生より上手

子ども体育研究所の教官の指導員であり本園の体育指導をしてくださっている
神野先生は「私が体育教官の指導に回っている幼稚園保育園がたくさんありますが
白鳥の先生方程、子どもたちをその気にさせ挑戦させることがうまい先生たちはいません。
白鳥の先生方は実に子どもたちを気持ちよくその気にさせるのが一番うまい」
とよく話されます。

ここですばらしいのはどの先生もみな同じ気持ちで子どもたちをに接して下さっているということです。
一人でも違う考えの先生がいたとすれば子どもたちは敏感にそれを察してやる気や意欲、挑戦する力を
失ってしまったり、しぼんでしまったりしまいます。

ナーサリィの子ども達ですら髙橋先生の話によれば今の状態よりもう少し高めてやりたいと試みると
目の色を変えて、姿勢を正したり、目を輝かせたりしてやる気満々で付いてくるとのことです。
年少児、年中児、年長児ともなれば学年が増すごとにこのやる気、意欲が一層湧き出てきます。

先日の発表会での歌合奏、お遊戯、オペレッタ、太鼓等にも見事に表れています。
音楽の土屋先生、桑原先生ともに、子どもたちに些細な事でも指導すると、直ぐに理解してやってしまうのです。
両先生ともうれしくなってしまい指導時間がどうしても伸びてしまいます。
私はこれを見ていて彼ら二人はどのくらい歓びにひたっているか想像しただけでわくわくしてくると同時に
私自身も ああこの子どもたちと一緒に音楽を楽しみ共有できる機会を作れたことを至極幸せに
思わずにはいられませんでした。

何よりも子どもたちのやる気の素晴らしさを遺憾なく見せてくれるのが体育ローテーション大会の跳び箱です。
さきの二学期のそれでは年長児は9段跳べる子が33名中9名もいて、それぞれ10段に挑戦しました。
一人跳び、二人跳び、三人跳びみんな悔し涙を流しながら応援席に戻ってきます。
9名全員悔し涙で終わりました。
すると、まだ涙が乾かぬうちに次に挑戦する仲間たちをこれでもかという声を振り絞って応援します。
なんと健気な事でしょう。

ちなみに私は4段が跳べればいいと思っています。
3段だと大きい子はまたいで行ってしまい跳ぶという事にはならないからです。
ところが子どもたちは、もっと高く高くと考えて3学期の体育ローテーションでは自分の背丈よりはるかに
高い10段と絶対跳ぶんだというその向上心に驚き誠にうれしいことでした。

園長だより9月号で京都大学医学部長、総長をされた平沢興先生の言葉「幼児教育でいちばん大切なことは
やる気に火をつけることだ」と言われていますが白鳥の子ども達はそれぞれ違いはありましょうが、
ども子もこれを身につけて卒業、進級して立派な大人になって下さると信じています。

幼児期だけの教育保育ではなく「子どもも保護者も先生も 今も幸せ未来も幸せ」
であることが幼児教育にとって最も大切なことと信じます。


by keiteki-siratori | 2019-02-27 16:32
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30