しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

2018年 11月 30日 ( 1 )

12月園長だより

幼児は何故走るのか!???

気づいているようで、気づいていないこと

12月いよいよ押し詰まってまいりました。

子どもたちは寒さに負けず、薄着・裸で元気よく通常通り頑張っています。

過日40年近くも幼児教育に関わってきたのに「気づいているようで気づいていないこと」

として、幼児がなぜ走るのか、私は一回も考えたことがありませんでした。

当たり前と思って何も感じなかったこと、幼児は何故走るのか考えもしなかったことにふっと

気づいたのでした。

それは全くの偶然で、その朝はあるボランティアさんが来られておりました。

年長児がパタパタといい音をたてて園長室の前を走りすぎ、これまた同様に階段を駆けおりて

行きます。「エッ!どうして彼らは走るのだ?」と疑問に思いました。

たまたまボランティアの方が、かつて小学校の養護の先生をしておられたY先生ということも

気づきに関係があったのかもしれません。

ちょっとした手術をする前に、指先で体中の酸素量を測定します。

この数値が小さいとこれを増加させるような訓練を命じられます。

さて、乳幼児は体中酸素量はどうなっているのだろうか?

どうしても調べたくなり、これを測定する機械を購入して調べはじめました。

012歳児から年長児まで測定してみました。

どの乳幼児とも、概ね9798%の酸素量が記録されました。

そのなかで1組の年中児の双子の子どもたちがいました。

1人はよく動く普通の子、もう1人は運動が苦手な子でした。

前者は98%、後者は86%程でした。

小学校の子ども達はどうかY先生に伺ってみました。

1〜2年生はよく走りますが、34年生になると12年生に比べると多少走らなくなります。

56年生になると殆ど走らなくなりますとのことでした。

3年生は9つで、つのつく時代シングルエイジともいい、幼児としても考えられる年齢です。

脳の発達は9歳3年生末までに重量的には発達を完了するといわれています。

脳以外の身体各部位も6年生になるとかなり大人に近い発達をします。

このように脳を含む体の発達のためにはたくさんの酸素が必要です。

成長の終わった成人の脳の重量は、体重の2%強といわれ、その脳は吸収した酸素の20%以上

も消費するといわれています。

成長著しい幼児の脳をはじめとする所器官が発達するために、たくさんの酸素を必要とするのは

当然です。脳は3歳までに60%、6歳までに90%以上発達し、小学校4年生になるまでに

重量的には大人の脳14000グラムほどに発達します。

脳を含む身体の発達も6年生になると大人に変わらぬほどに発達します。

年中児の双子の子ども達の良く動く子は体中酸素が9798%、あまり動かないもう1人の子は

8586%と酸素量が少ない。

この動かない子が年長児になり、よく運動するようになったら、よく動く子と同じように体中

酸素量が回復しました。このデータからも動く・走るということは、体中酸素量を増やすことに

つながる。子ども達はこのこと(動くことが体中酸素を増やすことにつながること)を本性的に

知覚し意識することなく当然のこととして、たまに全速力で走ることもあるが、通常は45キロ

のスピードで走っている。

京都大学霊長類研究所の所長をなさった久保田競先生はひごろよく走っておられる。

そのスピードは5キロ程でこの速さがワーキングメモリーを発達させたり衰えさせない速さだと

いわれる。子ども達の通常の走りは正にこの速さであり、ワーキングメモリーが発達する時期

でもあり誠に合理的で、人間の進化の不思議さを感じせざる得ません。

以上述べたように、このように脳を含む身体が著しく発達するときには、必要な酸素量を確保

するために走るのだと結論してもよいのではないかと考えられます。

白鳥幼稚園では子ども達に園内を走ってはいけないと、少なくとも園長の私は言ったことはあり

ません。

小学校の三年生位までは校内はできるだけ静かに歩くことは抑止力を育てるためにも必要です。

この時期に抑止力(我慢する力)が育つ適時期でもあり、それを育てるためにも廊下などの

校内を走るのを我慢させなければなりません。その代りに校庭に出たら彼らの本性のまま、

欲求を満足させるためにも走りたいだけ走らせてあげたいものです。
[PR]
by keiteki-siratori | 2018-11-30 12:12
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31