しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 07月 ( 5 )   > この月の画像一覧

7月29日(夏祭り)

今日の夏祭りは晴れの日程で行います。
[PR]
by keiteki-siratori | 2018-07-29 13:03 | 園行事

7月10日 サマーコンサート

今日はサマーコンサートを行いました。

暑い中沢山のご家族の方にお越し頂き、日頃の練習の成果を見て頂きました。

精一杯、歌や演奏を行い、練習以上の出来栄えを披露しました。

子ども達も笑顔いっぱい楽しそうに演奏出来て良かったです。

d0091723_10504172.jpg
d0091723_10505144.jpg

【年少組の様子】

今日はサマーコンサートがありました。

舞台に立つと目の前に多くのお客さんがいるという初めての状況にワクワク、ニコニコの

笑顔を見せる子どもや、緊張して固まってしまう子どもなど、様々な子どもの特徴が見える

発表になったと感じました。歌は前日歌詞・歌声ともに完璧だったため大丈夫かと思って

いたのですが、環境の変化により指揮者を見れなかったり、歌詞を忘れてしまっている子も

沢山いましたので、生活発表会までに改善できればよいなと思いました。

【年中組の様子】

今日はサマーコンサートに参加しました。

子ども達も発表することをとても楽しみにしており、気合十分でホール前に並びましたが、

順番が近づくにつれて少しずつ表情も硬くなり、緊張している様子が伝わってきました。

年中児の順番がくると足音にも気を付けて練習通り入場が出来て、歌も合奏も練習以上に

よく出来ました。怒鳴ってしまうことが今までの課題でしたが、怒鳴ることもなく、少ない

人数の中でも全員が声を出し、指揮をみてしっかりと歌ってくれました。

お母さんからも声量や声質が年少さんの時よりすごくよくなったと拍手を頂きました。

以前は泣いてしまったりと参加できない子もいましたが、今日は全員で発表でき連帯感や

団結力もより身に付き、自信につながった人なりました。

【年長児の様子】

今日はサマーコンサートがありました。

朝のバスの中でも「ドキドキする」と言っていたので、なるべくいつも通りの対応を

心掛けようと思いました。

発表前は、緊張を隠すような高すぎるテンションでしたが、始まると指揮者をよく

見て、集中力を持続して発表する姿が見られました。

合奏も、大型楽器と鍵盤を合わせてからそんなに日が経っていませんが、途中のずれも

子ども同士で修正して素晴らしかったと思います。

皆がやりきった表情で退場した姿を見て、今の力を存分に出し切ったことが伝わって

きました。


[PR]
by keiteki-siratori | 2018-07-20 12:57 | 園行事

野菜の持ち帰り感想(1学期)

1学期も終わりに近づきました。

白鳥農園では様々な作物が収穫を終え、おみそ汁や塩茹でにして園で試食しました。

じゃが芋掘りでは、父母会の役員さん方にご協力して頂き採りたてのじゃが芋を蒸かして

食べました。

少々ですが、枝豆やいんげん、じゃが芋などをご自宅にもお持ち帰りしてもらいました。

試食したご家族の感想をいただきましたので一部ご紹介致します。

【年少男児】

子ども達の気持ちがこもった枝豆をありがとうございました。

家についてすぐに茹でて頂きました。

大きいのや小さいの。色々な形があり息子が自慢げに説明していました。

家に居た家族に2つずつ配り、あとは自分で食べる!とお皿を抱え込んで食べていましたが

パパが帰って来たらあげたいな。と1つだけ残してあげていました。

採りたてなので、本当に甘くてとってもおいしかったです。

これからも白鳥農園で色々な作物を、暑い日も寒い日にも頑張って育てて、楽しさや大変さ

を学んでもらいたいです。

ありがとうございました。


【年中女児】

今まで家ではいんげんは嫌いで食べていなかったのですが、幼稚園で食べたらおいしかった

ようです。マヨネーズ付けて食べたらおいしかったと言うので、夕食にも出しましたが、

たくさん食べてくれました。

食べられるお野菜が増えました。

ありがとうございました。

【年長男児】

先日は沢山のじゃが芋を持たせて頂きありがとうございました。

子どもも嬉しそうにその日のじゃが芋掘りの様子を話してくれてとてもいい経験が出来

たようです。

家では、肉じゃがとじゃがバターにして食べました。

ホクホクしてとてもおいしく、パパにも自分が掘ってきたじゃが芋おいしいよって話して

いる姿は本当に幸せな気持ちになりました。


[PR]
by keiteki-siratori | 2018-07-11 15:28 | 白鳥農園・園外保育

7月6日 七夕もやし

今日は生憎の雨でしたが幼稚園の園庭で七夕もやしを行いました。

願いを書いた短冊を笹の葉に吊るし、クラスの前の軒下に数日間飾りました。

7月の園だよりの今月の歌の一曲の「たなばたさま」の歌詞にある「ごしきのたんざく」
とは「五色の短冊」と漢字で書きます。由来はこの世の物は「木(青)・火(赤)・土(黄)
・金(白)・水(黒)」の5種類から出来ているという中国の五行という思想からきています。
様々な色の短冊に書いた子ども達の願いが天に届くことを祈りながら七夕飾りを燃やしました。


【年少組の様子】
今日は七夕もやしがありました。
子ども達に燃やす理由を伝えると、見学の際に煙が本当に空に届くのかな?と煙の行方を
真剣に見つめる姿が見られました。
子ども達からは「白い煙もくもくお空に行くね!」「願い事叶うかな?」
などの声が上がっており、子どもたちなりに七夕の意味を理解できたのではないかと
思います。

d0091723_16170443.jpg

【年中組の様子】
今日は七夕もやしに参加しました。
前日に七夕もやしがあることを話し、織姫様、彦星様へみんなのお願いした短冊を届ける
ことをお話すると、とても楽しみにしている様子がありました。
生憎の雨でしたが、テラスからお祈りをしながらみんなで七夕もやしに参加しました。
炎や煙をみながらお友達同士で「2人に届いたかな?」
と話す様子もありました。
漢字の絵本でも、今、織姫と彦星を読んでいるので、子ども達の興味や関心もより高まり
とても思い出となる日でした。

d0091723_16154054.jpg

【年長組の様子】
今日は七夕もやしがありました。
七夕についてよく理解していて、七夕もやしの意味も分かっている子が多くいました。
「雨だけどできる?」と心配そうにしている子もいましたが、その分出来ると知った
時の喜びの声が元気よく聞こえてきました。
笹に願い事や飾りを取り付ける意味も、初めて知った子が多く、興味を示していました。
笹が燃え始めると、自分の願い事を手と手を合わせて口にしていて、煙が上がる様子を
じっくりと見ていました。
これから先、中々出来ない経験だと思いますので、貴重な今回の経験を子どもと共に
忘れないでいたいです。

d0091723_16181199.jpg


[PR]
by keiteki-siratori | 2018-07-06 16:11 | 園行事

7月園長だより

青春していますか

青春とは人生のある期間ではなく 心の持ちかたをいう

このフレーズから始まるサムエルウルマン作の青春という詩に出会ったときは感動でした。

いつになっても青春していたいものです。

以下この詩を転載させていただきます。

青春                作 サムエル・ウルマン  訳 作山 宗久

青春とは人生のある期間ではなく

心の持ちかたを言う

ばらの面差し 紅の唇 しなやかな手足ではなく

たくましい意思 ゆたかな想像力 炎える情熱をさす

青春とは人生の深い泉の清新さをいう

青春とは臆病さを退ける勇気

安きにつく気持ちを振り捨てる冒険心を意味する

ときには二十才の青年よりも六十才の人に青春がある

年を重ねただけで人は老いない

理想を失うとき初めて老いる

歳月は皮ふにしわを増すが熱情を失えば心はしぼむ

苦悩・恐怖・失望により気力は地に這い精神は芥になる

六十才であろうと十六才であろうと人の胸には

驚異に魅かれる心 おさな児のような未知への探求心

人生への興味の歓喜がある

君にも吾にも見えざる駅逓が心にある

人から神から美、希望、よろこび、勇気

力の霊感を受ける限り君は若い

霊感が絶え精神が皮肉の雪におおわれ

悲歎の氷にとざされるとき

二十才であろうと人は老いる

頭を高く上げ希望の波をとらえる限り

八十才であろうと人は青春にして巳む

「青春とは心の若さである」 角川文庫


[PR]
by keiteki-siratori | 2018-07-02 12:09
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31