しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

<   2018年 09月 ( 3 )   > この月の画像一覧

9月14日 おじいちゃんおばあちゃん参観日

本日は敬老の日も近いので、幼稚園におじいちゃん、おばあちゃんをお招きして
日頃の子ども達の活動の様子を見て頂きました。
園庭での体操の様子や、各クラスの日課活動、そして、ホールで歌や合奏のプレゼント
などさまざまなお子様の姿を見て頂きました。


【年少組の様子】
今日は年少児初めてのおじいちゃんおばあちゃん参観日でした。
普段とは違う環境の中、子ども達が頑張ってくれました。
日課では、はじめて机が無い状態で行ったので、漢字の絵本がしっかり正座でやれるのか
心配でしたが、子ども達は落ち着いて先生の指示を聞き行動できていたので成長を感じました。
d0091723_09485450.jpg

【年中組の様子】
今日はおじいちゃんおばあちゃん参観日でした。
子ども達は朝、登園した時から普段とは異なるクラスの室内環境に少し興奮状態で
又、天候も雨という事で不安もありましたが、おじいちゃん、おばあちゃんの姿が見えると
嬉しそうな、恥ずかしそうな表情で気持ちを切り替え、堂々と日課の発表をしてくれました。
ホールでの歌の発表は急遽2曲に増え、汽車を歌いましたが、今までの練習の成果を発揮し
年中さんらしく可愛い姿、一生懸命な姿を見ることができました。
沢山褒め自信につなげられたらと思います。
d0091723_09491077.jpg

【年長組の様子】
今日ははおじいちゃんおばあちゃん参観日でした。
天候が変化し、活動の時間の使い方が異なったりはしましたが、スムーズに過ごしたのでは
ないかと思います。
お父さんお母さんの参観とはまた違った緊張で、子どもの表情の変化が面白くもあり、可愛
らしく感じました。歌・合奏の発表については、子ども達なりに全力で発表し、満足して
いたように見られました。細かい所では課題がありますが、存分にやりきってくれたと思います。
d0091723_09492956.jpg

[PR]
by keiteki-siratori | 2018-09-19 08:57 | 園行事

9月4日 地震訓練

今日は台風の影響で雨の中地震訓練をしました。
警報ベルの後は園庭ではなくテラスへの避難になりました。
災害はどんな天候でもありうることなので、雨の日を想定した訓練をすることができ良かったと思います。

【年少組の様子】
今日は地震訓練に参加しました。
子ども達は前回よりも静かにすることや素早く上履きを履き、行動することが出来ていました。
約束の「お・か・し・も・は」も一緒に口ずさみ、雨ということでいつもと動きは違ったものの、
しっかりと対応して動くことが出来ていました。

d0091723_12031185.jpg


【年中組の様子】
今日は地震訓練がありました。
昨日の時点で子ども達に事前に伝えませんでした。
何人かの子たちは今日あることを理解していましたが、8割の子はとても驚いている様子でした。
ベルが鳴るとすぐに机の下にもぐっていました。
ベルが鳴ったらすぐに机にもぐりダンゴムシになることがとても定着しているなと改めて感じました。
訓練中もお喋りする子はおらず、スムーズにテラスに避難することができました。
一人もニヤつくことなく真剣に取り組めたので良かったです。

d0091723_12034004.jpg


【年長組の様子】
今日は避難訓練がありました。
雨天のため、普段とはまた違った動きとなりましたが、子ども達は落ち着いて行動することができました。
「お・か・し・も・は」の約束事もよく覚えてくれていましたが、再度確認をしました。
避難の仕方はとても上手になったので、今後は一人ひとりが素早く済ませられるような促しをしたり、
また、必要に応じて援助していきたいと思います。
いつ、どんな時にでも対応できるように、日々の意識を高めていきたいと感じました。

d0091723_12040456.jpg




[PR]
by keiteki-siratori | 2018-09-04 10:47 | 園行事

9月園長だより

幼児教育はやる気に火をつけることだ

この言葉は京都大学医学部長後に第16代同大学総長を歴任された※平沢興先生の言葉です。

先生はのちに幼児教育に大変興味関心を示されその体験の中から幼児教育が、その後の人間形成

に如何に大切かそして最も大切なのが「幼児のやる気に火をつけることだ」という結論をだされた。

私も常日頃幼児教育で最も身につけねばならぬこととしてやる気(意欲)、意思(志)であると信じ

てこれを本園の子ども達には身につけて卒業してほしいと常に念じて日々の教育を行ってきたつも

りです。

お蔭さまで立腰教育、体育ローテーション、音楽日課、言語日課をはじめとして多種多様な体験を

積み重ねる活動を通して、又先生方、保護者の方々の理解と熱心さと相まって多くの子どもたちが

これを自分のものとして巣立っていくことができました。

さて、二学期は最も長い学期であり、運動会、作品展等々これらを育てる活動も多く、そして何よ

り子ども達が園に慣れ最も伸びる学期でもあります。どの子にとってもそれぞれに豊かな実りある

二学期であらねばなりません。

本学期もどうぞよろしくお願いいたします。

※昭和33年(1958年)の7月 京都大学が当番校でフィールドホッケー七帝戦が行われました。

 その時に開会の挨拶を平沢興先生がされました。

 挨拶の内容は全く覚えていませんが何という頭の大きい方だという印象だけが残っています。


[PR]
by keiteki-siratori | 2018-09-03 10:46
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30