人気ブログランキング |

しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

<   2019年 11月 ( 3 )   > この月の画像一覧

11月16日(土) シラトリクラフトフェスタ感想

 11月16日(土)にシラトリクラフトフェスタが開催されました。
今年の協同製作のテーマは『イッツ・ア・スモールワールド』です。
当日はたくさんの方に子ども達の作品を見て頂きました。

【年少】
 幼稚園から帰ってくる度に『今日、クラフトフェスタの作品をやったよ』と聞いておりました。
どんな作品が出来たのかなと、当日も祖父母と一緒に楽しみにしながら行きました。
 お父さん、お母さんの似顔絵を見て、自由画の方は赤色でりんごみたいに描いていたのが、酒井式で描くと、細かいまつ毛や髪の長さ、口や目の形等、しっかりとした人の顔になっており感動致しました。
 娘のクラスはイギリスをテーマにしており、二階建てバス、兵隊さんも可愛く出来ていました。初めてのクラフトフェスタが仮園舎で、どう飾るのかなと思いましたが、狭いながらも見やすいように工夫されていました。先生方には感謝いたします。
11月16日(土) シラトリクラフトフェスタ感想_d0091723_15563004.jpg


【年中】
 楽しみにしていたクラフトフェスタ。
子ども達の作品がとてもきれいに飾ってあり、楽しんで見させて頂きました。
 酒井式の顔も『今日は○○を描くよ』など教えてくれて、出来上がりを楽しみにしていました。年少の時よりもしっかり特徴をとらえていて上手に描けていたと思います。
協同製作のハンバーガーセットも皆個性があって上手に出来ていました。国旗や絵などの飾りも可愛く華やかで見応えがありました。
 また、先生方が製作した飛行機もクオリティが高く子どもが気に入り何回も乗っていました。素敵なクラフトフェスタをありがとうございました。
11月16日(土) シラトリクラフトフェスタ感想_d0091723_15571944.jpg

【年中】
  クラフトフェスタの製作を始めると、『今日は新聞紙を丸めてボールを作ったよ』とか『トイレットペーパーを黄色に塗ったよ』とか
『天使の羽根を使ったよ』とか、その日に作った物を細かく説明してくれました。でも、テーマはわからず、作った物の共通点も全くわからず謎でした。(笑)。
 実際に完成した作品を見て納得!!『あの時話していたのはコレの事か!』と微笑ましく、楽しく見させて頂きました。 
 イッツ・ア・スモールワールドのテーマは、どのクラスの作品も一生懸命に素敵に作られていて、すごいなあと思いました。素敵な作品展をありがとうございました。
11月16日(土) シラトリクラフトフェスタ感想_d0091723_16093046.jpg

【年長】
 素敵なクラフトフェスタをありがとうございました。
どの作品ものびのびと作られていて、子ども達の素直さを感じ取ることができました。
 テーマがあることで世界観が生まれ、とても楽しかったです。又、年長さんになると作品のレベルがグンと上がることにも驚きました。
先生方の丁寧なご指導に感謝いたします。
11月16日(土) シラトリクラフトフェスタ感想_d0091723_16000628.jpg








by keiteki-siratori | 2019-11-20 12:00 | 園行事

秋の遠足

 年少組、年中組は10月31日(木)に天覧山へ、年長組は11月6日(水)に多峰主(多峯主)山に秋の遠足に行きました。
お天気にも恵まれ、皆元気に山登りをしました。


【年少】
 今日は年少児の初めての秋の遠足で天覧山に行きました。今週は雨が降ったこともあり、山の斜面はすごくツルツルして滑りやすい状態でした。
 中間地点までは、年中さんと手をつなぎ、助けてもらいながら急なコンクリートの道を歩きました。山道に入ると手をはなして一人で登りましたが、弱音をはくことなく、一生懸命に登っていました。滑ったり、転んだりもしました。
普段は少しのことで、大泣きしてしまう子も、涙をこらえたり、泣いてもすぐ切り替えて登り始めました。
 今日一日で、子供たちの大きな成長を感じることができました。
秋の遠足_d0091723_12241866.jpg

【年中】
 今日は秋の遠足で天覧山に行きました。
子ども達は昨日からとても楽しみにしていました。
登園すると『今日は天覧山に行くんだよね?』と嬉しそうに聞いてきたり、『一緒にお弁当を食べようね』とお友達同志で約束をしている様子が見られました。
 山登りでは、年少さんと手をつなぎ、ペースをあわせて『大丈夫?』と声をかけながら歩いていました。
どんぐりや、木の実を楽しそうに拾ったり、交換したりしている姿も見られました。
帰り道は、登りよりも道が滑り、『怖いよ』と言っている年少さんに『ゆっくりなら怖くないよ』と声をかけている様子に、お姉さん、お兄さんになったなあと感じ、子どもの成長を感じる事ができました。
大きな怪我もなく、楽しい遠足で良かったです。
秋の遠足_d0091723_12250242.jpg

【年長】
 今日は子ども達が待ちに待った秋の遠足に行きました。バスから降り、気合十分に山登りがスタートしました。
 山中では沢山の自然に目を向ける事ができました。
長く伸びた木々や、鳥の鳴き声、落ち葉の色、風の音に子ども達が気付き、共有していました。
大きな樹木に触れ、地面から生えた根っ子をみて、『ずっと昔からここを守っているんだね』という言葉に、子ども達もよく考えて観察しているのだと思いました。
 頂上では真っ白な富士山も見え、『ラッキー!』と大興奮の様子でした。
怪我もなく、山登りができて、とても良い日になりました。
秋の遠足_d0091723_12274537.jpg

by keiteki-siratori | 2019-11-07 11:00 | 園行事

11月園長だより

靴下の嫌いな寒さを感じない小学生

白鳥での3年間の裸足の習慣が寒さを感じない靴下を嫌いな子にしたのでは

 冬、おばあちゃんが靴下をはいていない白鳥出身の小学校2年生の孫に「寒いだろうに靴下をはきなさい」とすすめると、その時は履くのだが直ぐに脱いでしまう。そこで、又おばあちゃんが「履きなさい」とすすめる、又しばらくすると脱いでいる。「この子は靴下が嫌いなんだろうか」と今度は少しきつく言う。それでも脱いでしまう。おばあちゃんも根負けである。
 白鳥で3年間裸足で過ごしたことが習慣になり、少しぐらい寒いからといっても彼は寒いと感じないのであろうか。
良いことも悪いことも体で覚えていくのが幼児の体験であり原体験といわれる所以です。いろいろな体験(原体験)を沢山積ませてあげたいものです。
そのために大切なことは

①話が静かによく聞ける耳を育てること。
②素早く動けること。
③いろいろなことに好奇心を持つことです。

これらは立腰教育、体育ローテーション、日課活動、他様々な本園の活動がこれ等を育ててくれます。
あと1ヶ月するとクリスマスが来たり、すぐにお正月がやって来ます。
インフルエンザが早くも流行り始めました。かからないように気を付けましょう。
地球温暖化により台風をはじめとする想定を超える自然現象が、これからは当たり前に起こる可能性があります。心しましょう。
by keiteki-siratori | 2019-11-05 12:00
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30