人気ブログランキング |

しらとり日記(埼玉県飯能市 白鳥幼稚園のブログです)

siratoriyh.exblog.jp ブログトップ

<   2020年 07月 ( 8 )   > この月の画像一覧

幼稚園説明会 7月31日

178.png認定こども園白鳥幼稚園説明会のご案内178.png

 令和3年度説明会のご案内

  日時:令和2年9月9日㈬

  受付:9時30分~9時50分

  説明会:10時~11時頃までの予定

  場所:認定こども園白鳥幼稚園

  対象:0歳から5歳の保護者の皆様(令和3年度入園対象の方)

  定員:30名 事前に予約をお願い致します。

  持ち物:上履き、筆記用具、マスク

  新型コロナウイルス感染防止の為、お子様のお預かりはありません。また、原則、1家庭お一人の出席とさせていただきます。
 お子様を預けることが出来ない方や、ご都合の悪い方は、日を改めまして幼稚園をご案内することが出来ますので、お申し出ください。

  認定の区分や預かり保育について等ご質問もお受けできます。
 

 ご予約:8月24日(月曜日)~9月7日(月曜日)
 AM10:00~PM16:00(月曜日~金曜日)

    
042-974-2341








 
 










by keiteki-siratori | 2020-07-30 12:08

夏祭り

もう夏祭りの季節です。
例年 お家の人と一緒に夏祭りを過ごしましたが、今年はコロナ対策もあり子ども達と先生だけの夏祭りとなりました。状況は変わりましたが、みんなで楽しいひと時がすごせました。
夏祭り_d0091723_15425876.jpg


【未満児りす組の様子】
 以上児のお祭りにも参加しました。普段子どもたちは行かないホールだったり、他の教室にも行きましたが泣く事なく、楽しむ事ができました。
未満児のクラスでは、べっこう飴や金魚、アイスの出し物も行いました。アイスでは、子ども達自身が作った物だったので、自分の物をもって教えてくれたりして楽しめた様子でした。
夏祭り_d0091723_15391785.jpg
夏祭り_d0091723_15270554.jpg

【未満児うさぎ組の様子】
 夏祭りごっこをしました。クラスでも出店を広げて、マイカバンを持って買い物へ行きました。お面に金魚にアイスにと子ども達が製作した物を並べて買って、一つ一つ嬉しそうに手に取る子ども達でした。「これ下さい」と言う姿が可愛かったです。沢山のお土産もありますので、お家でもお祭りごっこをして楽しんでもらえたらと思います。
夏祭り_d0091723_15373325.jpg

【年少の様子】
 夏祭りを一週間も前から楽しみにし、うちわ製作等に取り組んでいました。お神輿やお店に興味を持って参加した子ども達でした。お神輿を見て目を大きくし、「早く持ってみたい」と年中さんの姿を見て期待する子が多くいました。

夏祭り_d0091723_16124647.jpg

【年中の様子】
 今日はあいにくの雨でしたが、密を避け、消毒を徹底した中、楽しい夏祭りを行うことができました。メダル屋さんやお面屋さんでは、自分で選ぶ楽しさを味わえた様子でした。お神輿では、初めての経験の子は少し驚いた表情も見せつつ、しかしとても喜び「楽しかった」という声を沢山聞けました。昼食では、大喜びで手作り弁当を食べていました。保護者の方は少し残念だったかと思いますが、子ども達は皆大満足な表情を見せてくれたので、とても嬉しかったです。
夏祭り_d0091723_15411715.jpg
【年長の様子】
 子ども達はとても楽しみにしていました。お神輿が始まると、年中さんの「わっしょい」の声に合わせて一緒に言っている子がいたり祭りを楽しんでいました。お神輿はクラスで男の子女の子と半分ずつに分かれ少ない人数でしたが、みんなで力を合わせて担いでいました。出店では自分たちが作ったお面がお店に並んでいるのが嬉しいようで、「これ塗ったやつ!」と言いながら選んでいました。また当日はお弁当で久しぶりということもあり嬉しそうでした。
夏祭り_d0091723_16131282.jpg


by keiteki-siratori | 2020-07-21 14:00 | 園行事

★人気メニュー★

未満児(0・1・2)のメニュー

【わかめご飯・鶏のから揚げ・キャベツとツナのごま和え・野菜スープ・バナナ】

★人気メニュー★_d0091723_16521329.jpg

わかめご飯は一口サイズ。
0才児用のバナナは、月齢にあった形状(すりつぶしやスティック状)にしています。



by keiteki-siratori | 2020-07-20 16:00 | 給食

★給食人気メニュー★

【いなりずし・鶏のみそ照り焼き・ブロッコリーのごま和え・大根のすまし汁・すいか】

★給食人気メニュー★_d0091723_12141804.jpg
いなり寿司は食べやすい大きさ2個。
1個はお揚げの中にご飯。もう一つは、おいなりさんが苦手な子のためにご飯に細かく刻んだお揚げを混ぜて俵型おにぎりにしました。

【おやつ・みたらし風団子】

★給食人気メニュー★_d0091723_12213529.jpg
小さな子でも飲み込みやすいように、豆腐入り団子になっています。

by keiteki-siratori | 2020-07-13 12:00 | 給食

七夕もやし

 皆のお願い事を短冊に書き、折り紙・くれよん等織姫と彦星を製作し、綺麗に飾られた笹飾りがテラスを彩っています。今日はその七夕飾りを燃やしました。

皆の願い事が天高く届くといいですね。

【未満児の様子】
未満児クラスの1・2歳児は、パチパチと笹が燃える音に反応してよく見ていました。0歳児クラスは、煙が上がり始めると反応していました。匂いもあり音もあり色々な感覚を刺激されていました。

七夕もやし_d0091723_13340617.jpg
【年少の様子】
 今日は七夕もやしに参加しました。短冊をもってきてから、自分のお願い事を覚えており、「大きくなったら〇〇になりたいから頑張るの。」と教えてくれ、張り切る子ども達の姿がありました。
 燃やされているのを見て、七夕もやしについて説明はありましたが、「せっかく書いたのに燃えちゃった…」と言う子もいました。説明を聞いていても感じ方は様々だったようです。
七夕もやし_d0091723_12363838.jpg
【年中の様子】
 年中組は漢字の絵本で「織姫と彦星」を読んでいる事もあり七夕の行事の成り立ち、七夕もやしの意味はよく理解し取り組むことができたと思います。願い事の中には「○○になりたい!」という子どもらしい物が沢山ありました。数名の子は「コロナがなくなりますように」「みんなの願いがかないますように」「みんなに優しくなれますように」と他の人々の事も考えて作られた短冊の願い事で心の成長を感じることができました。思いやりの心を持って考え行動できる学年になるよう努めていきたいです。
七夕もやし_d0091723_13490386.jpg
【年長の様子」
 今日は七夕もやしがありました。短冊を書いた日から、お願い事の話がよく出てきていて、今日もおはようBOOKのシールを見て、とても楽しみにしていました。燃やす理由、七夕の内容、お願い事を叶える為にというお話を司会の先生から聞き、子ども達の理解も深まったように思います。年に一度の行事ですが、子ども達は願いを込めて参加できたように思います。
七夕もやし_d0091723_13470381.jpg


by keiteki-siratori | 2020-07-08 15:00 | 園行事

先週の人気メニュー

【ご飯・手作りふりかけ・鶏のトマト煮込み・野菜チップ・ゼリー】
先週の人気メニュー_d0091723_12255378.jpg
鶏のトマト煮込みは、具がごろごろと大きめです。野菜嫌いな子も美味しそうに食べていました。
野菜チップはほんのり塩味。歯ごたえがあります。


【おやつ・キャロットケーキ】
先週の人気メニュー_d0091723_12270791.jpg
ミキサーにかけた人参がたっぷり入ったケーキです。

by keiteki-siratori | 2020-07-06 11:00 | 給食

7月 園長だより

令和2年7月園長だより

  『地球の定員』

7月 園長だより_d0091723_11513437.jpg
7月 園長だより_d0091723_11540320.jpg


 地球はそろそろ定員いっぱいになりそうです。

現在世界の人口は76億人、2045年には100億を超すと予測されています。

面白い事に100億を超えて110、120億と世界の人口が増え続けることについて触れている報告があまりありません。地球上100億を超える人口が生存することになると人間が生きていくために必要な食糧、水、空気等が不足や環境悪化等によって、この地球上には住めないことになるかもしれません。

かつて人口は第1次世界大戦、第2次世界大戦や丁度100年前に流行したスペイン風邪等の感染症によって、定員オーバーにならないように維持されてきました。

ここ70数年間世界中を巻き込むような大きな戦争もありませんでした。昭和35年

(1960年)頃の世界の人口は35億を超えていませんでした。そのころローマでは人口抑制に関するローマ会議が開かれ世界の人口抑制について話し合われました。

それから60年もたたないうちに地球の人口は倍増されました。

日本では多くの食糧が食べられずに捨てられています。私の記憶では年間360万t以上といわれています。

さて大きな意味での地球問題と新型コロナウイルス問題。後者のウイルス自体は、生命を維持するために、我々ホモサピエンスという人種を滅ぼすようなことはありません。しかしどんな動物よりもどう猛な、このホモサピエンスという人種は自ら考えだした1万3000年も前ともいわれる狩猟採集から農耕、牧畜に舵を切り地球最初の破壊へとなりました。200数十年前に蒸気機関の発明をきっかけにイギリス産業革命が始まりました。

蒸気機関の燃料は石炭を使っていましたが、その後石炭・石油・天然ガス等の化石燃料使用拡大に繋がり現在の地球温暖化の基を作った。

ホモサピエンスの考えるAIをはじめとする新しい技術や発展は、一見短期・中期的にはこの人種の為に役立つと思われるが、長期的にみるとこの人種の衰退、滅亡へと導いて行くとも考えられます。ホモサピエンスが地球上から消えても20万年もするとアフリカの熱帯雨林で新しい人種が生まれてきます。

これはさておきコロナウイルス予防は密接・密着・密集の3密をさける。

手洗いをしっかり行う。

免疫力をつけるために食事・睡眠を含む規則正しい生活を送ることが最も単純ですが予防法としてはこれしかない気がします。

自分のことだけを考えるのではなく、自分がかからないということは人にもうつさないという利他行動につながり「情けは人の為ならず」のようにいずれは自分に戻ることになるので利他行動を心がけなければなりません。

ウイルスは突然変異を繰り返しワクチンや特効薬はその変異との競争となり来年では収束せず、再来年にはある程度落ち着くのではないかという説もあります。

コロナ菌のイメージは大変悪いイメージですが、この写真のような輝きのあるコロナをイメージしてみましょう。

7月 園長だより_d0091723_11563383.jpg
7月 園長だより_d0091723_11561840.jpg
世界中に知られているコロナのネーミングを使って「コロナウイスキー」などという銘柄のウイスキーは宣伝なしで売れるのではないかと馬鹿げたことを発想することも、プラス思考をすることも、ある意味大事なのではないかと思われます。アハハハハハ・・・⁈


by keiteki-siratori | 2020-07-02 16:31

保護者様より じゃが芋持ち帰りの感想

6月18日にしらとり農園でじゃが芋掘りをしました。
このじゃが芋は昨年度の年少・年中・年長さんが3月に種芋を植えて育った物です。
この日は 皆で収穫し、昼食で蒸したじゃが芋を食べ、少しずつお家に持ち帰りました。


【保護者様より】

年少の保護者様 
・持って帰ってきたじゃが芋は、電子レンジでチンして、塩やバターをのせて家族みんなでいただきました。ホクホクして、お芋の味がしっかりあって、とてもおいしかったです。
娘も自分でとったじゃが芋を食べてもらえるのが嬉しかったようで、「食べて 食べて~」と皆にお芋を配ってくれました。良い経験になったと思います。
ありがとうございました。

・今回持ち帰ってくれたじゃが芋は、お味噌汁とオーブン焼き(アルミホイルに包んで)にしてバターや、塩、マヨネーズをかけて頂きました。もともと、じゃが芋のオーブン焼きは大好きなようで、よく食べておりますが、「自分で収穫したじゃが芋はおいしい‼」と美味しさも喜びも一入だったようです。「今度はお家でも植えてみたい‼」というので、12月頃に収穫できる秋植えにチャレンジしてみようかと思います。
保護者様より じゃが芋持ち帰りの感想_d0091723_11585469.jpg

年中の保護者様
・カレーや豚汁に入れて食べました。「わたしが持ってきたじゃが芋だよ」と言うと嬉しそうな顔をして大きな口を開けてバクバク食べていました。
普段食べ終わるのに時間がかかるのですが、その日は誰よりも早く1番に完食しました。
少しずつ『食』に興味が沸いてくれたら良いと思います。

・たくさんのじゃが芋を頂きましてありがとうございました。さっそく息子が好きなカレーライスにしました。ホクホクしていておいしかったです。息子も、自分で収穫したとあって、いつもよりも『おいしい』と言って食べていました。
こういった体験を通して食の大切さ、すべての食べ物への感謝の気持ちを忘れずに、日々の食事を残さずたくさん食べてほしいと思います。
私自身も日々の生活に追われ、こういった大切な事を忘れがちなので、改めて感謝しながら頂こうと思います。貴重な体験をさせて頂きありがとうございました。
保護者様より じゃが芋持ち帰りの感想_d0091723_11593056.jpg

年長の保護者様
・じゃが芋を味噌汁にしていただきました。
図鑑で、じゃが芋の育つ様子を説明してくれました。
白鳥農園の活動のおかげで、自宅でペットボトルベビーリーフ育てをするようになりました。
水と太陽の力で、芽が出て、大きく育つ植物の能力に親子で驚きと喜びを感じています。「野菜や穀物が育たず、牛や豚も育てることができない場所に住む人々は、ごはんを食べることができない。そういう人々が、今もたくさんいるから、毎日三食とおやつを食べられることは、とてもありがたいことだよ。」と話しています。
ごちそうさまでした。
保護者様より じゃが芋持ち帰りの感想_d0091723_11545785.jpg

by keiteki-siratori | 2020-07-01 17:00 | 白鳥農園・園外保育
line

白鳥幼稚園の子ども達の様子をご紹介します


by keiteki-siratori
line
クリエイティビティを刺激するポータル homepage.excite
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31